教職員の声 | Faculty and Staff Voices

教職員の声

大庭 良介(オオニワ リョウスケ)

大庭 良介(オオニワ リョウスケ)

 こんにちは。筑波大学医学医療系、グローバル教育院の大庭良介です。台湾に常駐し、筑波大学および国立台湾大学の学生のサポートに努めます。専門分野は、微生物学、分子生物学、生物情報学です。
 少子化とグローバル化が進行し、未来社会に貢献する質の高い人材の育成が急務となっている昨今、大学においても教育の実質化と質の保証によって社会の変化に対応できる人材の育成が求められています。本学位プログラムを通して、研究室の内と外、教室内と大学外、研究開発とビジネスなど、これまでは別々に実施されてきた教育を有機的に統合・昇華し、続々と現出する地球規模課題に立ち向かえる資質をもった人材を育成できればと考えています。教育や研究とは何か、どうあるべきか、といった高等教育や大学における研究のあり方について意識を持ち続けることで、より質の高い学位プログラムを提供できればと考えています。

URL: http://trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000001682

岡部 佳弘(オカベ ヨシヒロ)

岡部 佳弘(オカベ ヨシヒロ)

 はじめまして。筑波大学生命環境系の岡部佳弘です。専門分野は、植物分子育種学、蔬菜花卉学です。フードセキュリティは、世界の貧困や日本の食糧生産の問題を解決していく上で重要なテーマとなっています。人類が地球規模で直面する食糧の安定供給や生物資源の開発、保全、持続的利用に関する様々な問題の解決に向け、順応に対応できる国際人材の育成に貢献したいと考えています。本プログラムでは、本学・海外提携校の大学教員の指導の下、専門科目を履修する環境を提供することで、国際的感性が養われると期待されます。本プログラムを通して学生、教員がともに大きく成長できればと考えています。