教職員の声 | Faculty and Staff Voices

教職員の声

大庭 良介(オオニワ リョウスケ)

大庭 良介(オオニワ リョウスケ)

 こんにちは。筑波大学医学医療系の大庭良介です。健康情報総合学という研究室を主宰しており、「世の中の健康に関する課題、特に、分野横断的な課題や、既存分野に紐づけできない課題を対象に、分野、手法、立場などに捉われずに切り込み、プロトタイプとなるモノコトやコンセプトを生み出すことで、課題解決や価値創出に繋がる方法論を世の中に問います。」というコンセプトで活動しています。私自身の専門的な背景は、分子生物学、微生物学、生物情報学、科学計量学、科学哲学、東洋医学です。
 少子化とグローバル化が進行し、未来社会に貢献する質の高い人材の育成が急務となっている昨今、大学においても教育の実質化と質の保証によって社会の変化に対応できる人材の育成が求められています。本専攻を通して、研究室の内と外、教室内と大学外、研究開発とビジネスなど、これまでは別々に実施されてきた教育を有機的に統合・昇華し、続々と現出する地球規模課題に立ち向かえる資質をもった人材を育成できればと考えています。教育や研究とは何か、どうあるべきか、といった高等教育や大学における研究のあり方について意識を持ち続けることで、より質の高い学位プログラムを提供できればと考えています。

URL: http://trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000001682
ラボホームページ: http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/integrated-study/top_page.html

大林典彦(オオバヤシノリヒコ)

大林 典彦(オオバヤシ ノリヒコ)

 筑波大学医学医療系の大林典彦です。研究分野は細胞生物学・皮膚科学で、主にメラニンを合成する色素細胞を対象に食・健康に関わる問題解決に取組んでいます。
 このグローバル化社会において、国際コミュニケーションだけでなく強い知的好奇心や探求心はビジネス・研究をはじめ様々なフィールドで益々重要になっています。日本・台湾・フランスの3ヶ国で能力を磨くGIP-TRIADプログラムは大変ユニークで、グローバル化教育を推進している筑波大学の中でもトップを競う地球規模課題を扱う学位プログラムです。これら3ヶ国をはじめとする世界における根源的な問題を領域・国際横断的に解決し、またGIP-TRIAD教員の指導の下展開される個別研究課題探求により、今後の未来を背負っていく独創的でイマジネーション豊かな人材育成を目指しています。

新開泰弘 (シンカイ ヤスヒロ)

新開 泰弘(シンカイ ヤスヒロ)

 こんにちは。筑波大学医学医療系の新開泰弘です。専門分野は毒性学、環境生物学です。
 日本、台湾、フランスの3ヶ国を渡り歩きながら、食と健康に関わる地球規模課題を学ぶことができる画期的な国際連携プログラムに参画することができて嬉しく思います。各国から入学してくる学生達と日々英語でコミュニケーションをとりつつ、共に切磋琢磨して学ぶことができる貴重な機会を生かして、学生さんには本プログラムに是非チャレンジして欲しいと思っています。私自身、これまでに受けた学際的な教育の背景を生かし、学生さんの個性や要望に応じたインタラクティブな教育に携わりたく思います。また、「フェイス・トゥ・フェイス」をモットーに、学生さんの生活支援、学習支援、キャリア支援に努めます。各種機器分析にも自信がありますので、共同利用機器の利用者に対して日本語・英語で支援させて頂きます。

URL: https://trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000001672

Fabien Lombardo (ファビエン ロンバルド)

Fabien Lombardo(ファビエン ロンバルド)

 ボンジュール!筑波大学生命環境系のファビエンです。フランス、イギリスを経て、日本で植物の研究をしております。GIP-TRIADプログラムは、現在世界の農業と健康の課題認識を学び考えるだけではなく、外国の方と出会い、働き、学ぶ、素敵な機会です。本プログラムのもう一つの魅力的な面はイノベーションを生み、自分のキャリアパスを踏みだせることです。仕事的にも、人生の経験的にも、本プログラムは楽しく、やりがいのある様に学生の皆様を案内し、アシスト致します。前向で自発的な方との交流を楽しみにしております!

鄭齢

鄭 齢(テイ レイ)

 こんにちは。筑波大学医学医療系の鄭齢です。専門分野は実験病理学、分子生物学です。
GIP-TRIADプログラムは、ボルドー大学及び国立台湾大学との大学間連携共同教育を通じて、幅広い専門知識を有効に活用し、社会で課題を見出す能力やチームで協力して解決する能力を有するグローバルリーダーの育成を目指しています。学生とのコミュニケーションに努め、多国籍の学生一人一人が多様な個性や能力を発揮できるようにサポートしたいと思います。

王尤妹(オウ ユウマイ)

王 尤妹(オウ ユウマイ)

 皆様こんにちは。筑波大学国際連携食料健康科学専攻事務室の王尤妹です。
「自分に限界を作らず、未知の分野でも果敢に挑戦します」という理念を持ち、中国の高校を卒業してから筑波大学に入学して、修士まで六年間勉強しました。専攻はG30コースの生物資源工学、研究分野は機能性食品工学です。筑波大学での留学中に、三年以上の留学生への学術研究の補助と生活支援を行った経験があり、英語、日本語、中国語等のサポートに自信があります。いつも笑顔で世界的な存在感を持ったトップクラスの大学の職員としてサポートに努めたいと思います。

星千映(ホシ チエ)

星 千映(ホシ チエ)

筑波大学国際連携食料健康科学専攻事務室の星 千映です。
2年間で日本、台湾、フランスの3ヶ国での学修及びインターンシップを経験できるGIP-TRIADプログラムでは、多様なカリキュラムのみならず、共に学ぶ異なるバックグラウンドを持つ他の学生からもきっと多くの刺激が得られることと思います。
学生の皆さんが2年後にGIP-TRI ADで学修出来て有意義だったと実感できるよう、また、近い将来地球規模の視野を持って世界で活躍できる人材になれるよう願いつつ、日々の生活支援や事務的なサポートをさせていただきます。多様な背景を持つ学生の皆さんのサポートが出来ることを楽しみにしています。